子育て支援ステーション ニッセ 
箱イス作りワークショップ

 開催:2015年2月15日

 

千葉市にある「子育て支援ステーションニッセ」にて箱イス作りのワークショップを行わせて頂きました。

 

こどもたちが自分たち使う箱イスを自分で作ってみようというワークショップです。

 

このワークショップのこだわりのひとつは「山武杉」という地元産の杉を使用すること。ニッセの方も参加している森林ボランティア団体「ちば森づくりの会」と、地元の市場から調達して頂きました。

 

工作体験だけでなく、地元の山と生活のつながりを感じてもらいたいという主催者の中村ファミリーの願いが込められてます。

 

当日は吉川が工房で予めキットに加工したものをニッセに持って行き、子どもと親御さんで一緒に組み立てて行きます。

 

ノコギリや金槌、ボンド、やすり、釘締めなど、実はおとうさんもおかあさんも使ったことが無いような道具をつかいながら作業して行きます。説明中はソワソワしてますが、実際に作業になるとみんなぐっと集中して真剣な表情。自分の手の力が道具を通してどんな風に材料の形を変えて行くのかを考え、感じながら進めて行きました。

 

最後は荏胡麻油を塗って完成です。イス部分の箱に、予め吉川が制作しておいたフタ兼トレーをあわせればフタ付の収納や箱膳としても使えるようなります。

 

ずっと使える丈夫な構造ですが、もしどこか壊れてしまっても、自分で作ったものなら、自分で修理ができるというのも手作りのよいところです。

 

今回使った「山武杉」は節がたくさんあり、色味もまちまちでしたが、でき上がった箱のひとつひとつの表情がとても魅力的でした。

 

それぞれの表情から山でどのように育ったのか、節の理由や年輪の幅から、いろいろ想像を巡らせられるようになればとおもい、ワークショップ中にそんなお話も織り込みました。木や森作りに関心を持てたら、山を見る目も自然に変化するとおもしろいなと思っています。

 

みんなで施設の什器をつくるという初めてのワークショップでしたが、地域と子育て、環境と生活、個人と社会などなど、色んな意味でのつながりを感じるきっかけとなったワークショップでとてもよい経験をさせて頂きました。機会を頂けたことを感謝しております。

 

ご協力頂いたみなさま、参加者のみなさまありがとうございました!

 

 

子育てステーションニッセ

http://nisse.club

 

ちば森づくりの会

http://www7b.biglobe.ne.jp/~chibamoridukuri/