Show More

歪み椀

水分を多く含んだ生の丸太から削り出して作ります。

乾燥の過程で生まれる微妙な歪みが手にすっぽりと馴染み、

また漆の吸い込みの差によってうまれる琥珀色の濃淡はうつくしいグラデーションとなります。

ひとつひとつの器が、それぞれの表情と雰囲気を持っています。

 

高台を無くした深めのボウルのようなかたちは、和の汁物はもちろん、洋のスープにも合わせられます。

 

 

材種:カエデ 仕上げ:拭き漆